がんサバイバー 乳がん

ファイル5 乳がん 手術後再発(多発肺転移)

投稿日:

30代の女性。

乳がんと診断され、腫瘍を部分的に切除する手術が行われました。

乳がんの手術は、しこりを含めて乳房を全部切除するか、しこりのところだけ部分的に切除するか、大きく分けて2通りの方法があります。部分切除の場合、手術後に放射線を行うのが普通です。

この方も部分切除後、放射線治療を受け、ホルモン療法が5年間行われました(現在、ホルモン療法は10年がすすめられています)。

しかし、ホルモン療法も終わり、しばらくしてから咳と息切れが出現しました。CT検査をすると、肺に多発する転移と胸水がたまっていることがわかりました。乳がんの再発と診断され、タキサン系の抗がん剤の点滴が開始されました。

その当時、体力低下が著しく、抗がん剤の副作用である倦怠感や食欲不振、免疫低下(白血球数の低下、リンパ球数の低下)が目立つ状態でした。炎症反応も進んでおり、抗炎症作用、抗酸化作用のある野菜・果物をしっかりとって体調を整えることが行われました。それから、著しい体力低下、免疫低下のため、これ以上の抗がん剤は危険であり、通常量の1/3にまで抗がん剤を減量しました。この1/3という量は、こんなに減らしたら効果はありませんと言われるような量です。

野菜・果物中心への食事に変えて、抗がん剤を減量することで、倦怠感が減り、体力も少しずつ改善し、少しずつ免疫力も回復してきました。1/3量の抗がん剤がしばらく続けられましたが、およそ1年後のCTで多発する肺転移は大きく縮小していることがわかり、抗がん剤は終了となりました。

しかし、多発肺転移はまだ残っています。野菜・果物中心の食生活を続け、自身の免疫が低下しないように注意してみていたところ、その後もCTで肺転移の縮小を認め、以降落ち着いています。

☆執筆時点で再発後8年以上経過しています。この方の重要なポイントは、抗がん剤を1/3量に減らしても腫瘍が縮小し、さらに、抗がん剤をやめてからも残った腫瘍が縮小し、落ち着いていることです。自身の免疫が大きく関係しているのでしょう。

食事は、活性酸素を減らし、炎症を抑えるためにできる限り新鮮な野菜・果物をとるようにしました。そして、さらに炎症を下げることを期待して青梅エキスやビタミンCの点滴も行なっていました。

抗がん剤治療当時の尿pH値は記録が残っていませんが、ここ数年のデータでは、重曹のような酸を中和する薬剤を飲むことなく、7から8以上に尿のpHがアルカリ化していることがわかります。







-がんサバイバー, 乳がん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファイル7 胸腺がん術後再発、リンパ節転移、悪性心嚢水

60代の男性。健康診断の胸部レントゲン写真で異常を指摘されました。胸腺の悪性腫瘍が疑われ、手術が行われました。心臓を包む膜である心膜への浸潤も認められたため、胸腺切除に加えて、心膜切除が行われました。 …

がんの自然寛解、つまり、がんが自然によくなった例についての研究報告

がんの自然寛解(しぜんかんかい)とは何か? がんの自然寛解(しぜんかんかい)とは、「治療なしにがんが消失(不完全な消失も含む)した場合、あるいは、通常がんを消失させるには不十分な治療で消失した場合」と …

ファイル1 肺がん ステージIV

70代の男性首のところにしこりがあり、精査の結果、肺がんのリンパ節転移、ステージIVと診断されました。肺がんの場合、EGFR遺伝子変異があると、イレッサやタルセバ、ジオトリフ、タグリッソといった分子標 …

ファイル3 悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫) 自然改善例

70代の女性。この方は、抗がん剤などの薬物治療を行っていないにも関わらず、改善がみられている方です。長く胃痛症状が続いており、胃カメラが行われました。胃の粘膜がえぐれたような潰瘍状の病変があり、当初は …

ファイル4 膵臓がん 手術後の再発(腹膜播種、腹水)

70代の男性。膵臓がんで手術が行われました(ステージIII)。手術後にはジェムザールという点滴の抗がん剤が行われましたが、およそ1年半後に再発が認められました。腹膜播種と言って腹膜にがん細胞が散らばり …

Dr. Hamaguchi(医師、医学博士)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • がんの炎症・代謝を考慮したがん治療やがんに関する情報についての発信をしています。

著者紹介はこちら↓

http://dr-hamaguchi.com/author-profile/