書籍 書籍一覧

がんとは何か?その本質はNHE1だ!

投稿日:

この本は我々のグループで書いたものですが、様々な研究報告を読み解きながら、がんの生きる仕組みについてまとめ、それを用いたがん治療法について提唱したものです。難しい実験データの引用などが多く、一般向けというよりは、少し専門的な内容の書籍となっています。

 NHE1というのは、Na+とH+を交換するポンプです。がん細胞が生きていくためにはエネルギーをつくる必要があり、その際に同時に産生されるH+を排出するためにNHE1が必要なのです。つまり、NHE1はがん細胞が生存していくために必須のものです。そして、NHE1は何もがん細胞にだけあるわけではなく、正常の細胞にも存在し、それも古くから存在していることがわかっており、生命の起源にも関わる重要な物質と考えられています。そのようなNHE1の働きとがん細胞は密接に関係しており、NHE1の活性化をおとなしくすることは、がんの治療にも良い影響を与える可能性があるのです。

NHE1に関連する下記の記事も参照ください
がん細胞のpHの特徴:がん細胞内のアルカリ化とがん細胞外の酸性化
がん細胞のpH調節に重要なキー:Na+/H+ exchanger-1 (NHE-1)
がんとpHの関係、がんとNHE-1の関係

がんとは何か?その本質はNHE1だ!  がんの生きる仕組みとそれを用いたがん治療法(成井諒子著、浜口玲央著、和田洋巳著・監修、WIKOM研究所 2018年)
https://www.amazon.co.jp/dp/490806606X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_KlPKFb8FFAK19

本書でまとめていますが、我々が提唱する「がんをおとなしくさせるのに大事なポイント」について、ここでも記載しておきます。

①腫瘍微小環境のアルカリ化をする
②炎症を下げる
③免疫力を上げる
④免疫系を壊さない、炎症を上げない範囲で緩やかに抗がん性の治療を行う

もちろん、そのときの体の状態や検査データによっても治療方針は異なってくるでしょう。しかし、がんの生きる仕組みを考えると、がんが作られた体の環境を変えることは必須のことと言えそうです。その上で上手に抗がん剤などの抗がん作用のある治療を行っていくことがとても大切でしょう。







-書籍, 書籍一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スリープ・レボリューション アリアナ・ハフィントン著

インターネット専門のニュース・ブログサイトであるハフィントンポストの創設者である、アリアナ・ハフィントンの著書。睡眠を犠牲にして燃え尽きるまで働き、睡眠よりも仕事の成功を優先した結果、絶え間ない疲労の …

がんに負けないこころとからだのつくりかた

2015年5月初版の本ですが、2017年11月発行分より加筆・修正がされています。がんの性質について、とくにがんに特徴的な代謝とそれに対する食生活についても説明しています。がんと糖分の関係がんと塩分の …

和田屋のごはん

がん予防やがん治療のための体質改善を目的とした、具体的な食事のメニュー本です。この食事メニューは、アルカリ化作用のある食事でもあり、アルカラインダイエット(アルカリ化食)とも呼ばれています。この食事メ …

食事のせいで、死なないために マイケル・グレガー他 著

栄養や食事と健康について、活発な情報発信を行なっているマイケル・グレガー先生の著書です。この本の素晴らしいところは、食事と病気の関係について根拠となる科学論文を多数引用し、著者の個人的な主張ではなく、 …

改訂 がんとエントロピー

 本書は、2011年に発刊された前書『がんとエントロピー「からだ力」で立ちむかう(NTT出版)』を加筆・修正し、改訂したものです。前著は絶版となり、手に入りにくい状態が続いておりました。 本書では、が …

Dr. Hamaguchi(医師、医学博士)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • がんの炎症・代謝を考慮したがん治療やがんに関する情報についての発信をしています。

著者紹介はこちら↓

http://dr-hamaguchi.com/author-profile/