がんサバイバー 肺がん

ファイル1 肺がん ステージIV

投稿日:

70代の男性

首のところにしこりがあり、精査の結果、肺がんのリンパ節転移、ステージIVと診断されました。

肺がんの場合、EGFR遺伝子変異があると、イレッサやタルセバ、ジオトリフ、タグリッソといった分子標的薬が使え、よく効くことがわかっています。ただし、効果がずっと続くわけではなく、イレッサやタルセバで12ヶ月、タグリッソで18ヶ月くらいと報告されています。

この方にもEGFR遺伝子変異がありましたが、その当時はイレッサとタルセバしかなく、イレッサで治療がはじまりました。

副作用が心配で、イレッサを週に4回から開始。治療開始後、CT検査で首のしこりも含め、肺がんが縮小。その後も落ち着いていることが確認され、イレッサは週に2回まで減っています。

☆執筆時点で、イレッサを開始後5年以上が経過し、落ち着いています。
この方が他に主に取り組んだことは、アルカリ化食(Alkaline diet)でした。尿のpHは平均して7以上となっています。







-がんサバイバー, 肺がん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ファイル2 膵臓がん ステージIV

60代の女性。胃痛のような症状があり調べたところ、膵臓に腫瘤がみつかりました。同時にCT検査も行われ、精査の結果、膵臓がん、多発肝転移、ステージIVと診断されました。膵臓がんの治療成績はまだまだ満足の …

ファイル8 子宮頸がん術後、多発転移

50代の女性。この方は、肝転移や腹部リンパ節転移、腹部の筋肉の転移、骨転移がありましたが、徐々に改善しています。まだ腫瘍は残っていますが、落ち着いています。子宮のがんには、子宮頸部にできる頸がんと子宮 …

ファイル4 膵臓がん 手術後の再発(腹膜播種、腹水)

70代の男性。膵臓がんで手術が行われました(ステージIII)。手術後にはジェムザールという点滴の抗がん剤が行われましたが、およそ1年半後に再発が認められました。腹膜播種と言って腹膜にがん細胞が散らばり …

「治らない」と言われながらも、がんを乗り越えた人、がんと共存している人

がんを乗り越えた人たちは存在する 「もう治りません」という状態から良くなった方、がんはあるけれどほとんど進行しない方に出会うことがあります。こういった普通では考えられない経過の方は、他の人と何がちがう …

ファイル7 胸腺がん術後再発、リンパ節転移、悪性心嚢水

60代の男性。健康診断の胸部レントゲン写真で異常を指摘されました。胸腺の悪性腫瘍が疑われ、手術が行われました。心臓を包む膜である心膜への浸潤も認められたため、胸腺切除に加えて、心膜切除が行われました。 …

Dr. Hamaguchi(医師、医学博士)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • がんの炎症・代謝を考慮したがん治療やがんに関する情報についての発信をしています。

著者紹介はこちら↓

http://dr-hamaguchi.com/author-profile/