がん治療の考え方

がん治療で重要な3つのこと

投稿日:

がん治療では、以下の3つがとても大切です。

1. がんの住みにくい体質
2. 免疫骨髄機能
3. ゆるやかな抗がん治療

がんの住みにくい体質

がんの住みにくい体質とは、がんが生存するための特有の代謝を抑えることを目標とした体質ということです。

がん細胞の重要な特徴は、解糖系でエネルギーをつくること、ナトリウム-プロトンポンプが活性化し、がん細胞の周囲を酸性化させることです。

これらのがん特有の代謝を抑えること。それから、がん細胞の成長を助けるようなものをできるだけ控えることも重要です。 

免疫骨髄機能

がん細胞を排除するためには、免疫細胞がしっかり働くことが不可欠です。

がん免疫に重要なT細胞やNK細胞は、白血球の中のリンパ球に含まれます。そのため、免疫骨髄機能が十分であるかを評価するには、リンパ球数がしっかり確保できているかをみることが必要です。

体内が炎症に傾いている時には、過度に好中球が増え、リンパ球が減ることが多くなります。不要な炎症を減らして、好中球とリンパ球を適切なバランスに戻すことは、免疫骨髄機能を高めることにつながります。

ゆるやかな抗がん治療

がんの住みにくい体質をつくり、免疫骨髄機能を高め、自分の免疫だけでがんを抑えることが可能であれば、それに越したことはありません。

しかし、多くの場合、自分の免疫だけでは十分でありません。特に、がん細胞の量が多い場合や、がん細胞の勢いが強い場合は、抗がん治療が必要になります。

抗がん治療といっても、大きく分けて細胞障害性の抗がん剤と分子標的薬の二つがあります。特に、細胞障害性の抗がん剤は免疫細胞を壊しますので、免疫細胞の状態をみながら上手に使うことが重要です。







-がん治療の考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルカリ化療法(アルカリ化食 + 重曹)

がんは、正常細胞とは異なる環境、つまり、がん微小環境(Tumor microenvironment)を形成しています。がん微小環境の大きな特徴は、解糖系の亢進と主にNa+/H+ポンプによるがんの細胞内 …

エビンデンス ベースド メディシン(Evidence based medicine (EBM):根拠に基づいた治療)

EBMとは何か?それは、研究により根拠が示されている治療のこと Evidence(エビデンス)という言葉は、根拠や証拠といった意味で、医療以外の分野でもよく使われています。つまり、EBM (Evide …

がんが治るとはどういうこと?

がんが消えたかどうか、がんが治ったかどうかの判定はむずかしい がんが消えたかどうか、本当に体の中にがんがないかどうかの判定は実はとても難しいです。CTなどの画像検査では、5mmくらいの大きさのものなら …

エビデンスに基づく治療(EBM)は重要である。だけど、それだけでは足りない。

EBMをもとにした治療が標準治療である がんの標準治療は、今までの研究から得られたエビデンスに基づいて決められています。どれくらいの大きさで、どれくらいまでの広がりなら手術ができるのか。手術をしたあと …

サイエンス ベースド メディシン(Science Based Medicine: SBM):科学に基づいた治療という考え方

SBM (Science based medicine)とは何か? SBMは、論文で科学的に証明されたこと(例えば、新しくわかったがんの特徴的な代謝のことや、がんの免疫のことなど)や、がん患者さんの経 …

Dr. Hamaguchi(医師、医学博士)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • がんの炎症・代謝を考慮したがん治療やがんに関する情報についての発信をしています。

著者紹介はこちら↓

http://dr-hamaguchi.com/author-profile/