がんと食事・生活習慣 書籍 書籍一覧

和田屋のごはん

投稿日:2019年6月20日 更新日:

がん予防やがん治療のための体質改善を目的とした、具体的な食事のメニュー本です。この食事メニューは、アルカリ化作用のある食事でもあり、アルカラインダイエット(アルカリ化食)とも呼ばれています。

この食事メニューの特徴は、がんの代謝や炎症、免疫を考慮して作られていることで、考案者である京都大学名誉教授 和田洋巳先生のお名前をとって、和田屋のごはんと名付けられています。

具体的には、下記のポイントを押さえてメニューが考えられています。それぞれのポイントはがんの特性と深い関係があり、その理由についても説明されています。

1 炭水化物をとりすぎないこと
2 塩分を控えること
3 タンパク質を上手にとること
4 野菜・果物・きのこをしっかりとること
5 よい油を選んでとること
6 乳製品を控えること
7 肉類、加工肉、人工油などを控えること
番外 栄養補助食品(梅エキス、フィーバーフュー)について

https://www.amazon.co.jp/dp/4908066000?encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div







-がんと食事・生活習慣, 書籍, 書籍一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

がんに負けないこころとからだのつくりかた

2015年5月初版の本ですが、2017年11月発行分より加筆・修正がされています。がんの性質について、とくにがんに特徴的な代謝とそれに対する食生活についても説明しています。がんと糖分の関係がんと塩分の …

スリープ・レボリューション アリアナ・ハフィントン著

インターネット専門のニュース・ブログサイトであるハフィントンポストの創設者である、アリアナ・ハフィントンの著書。睡眠を犠牲にして燃え尽きるまで働き、睡眠よりも仕事の成功を優先した結果、絶え間ない疲労の …

アルカリ化療法(アルカリ化食 + 重曹)

がんは、正常細胞とは異なる環境、つまり、がん微小環境(Tumor microenvironment)を形成しています。がん微小環境の大きな特徴は、解糖系の亢進と主にNa+/H+ポンプによるがんの細胞内 …

がんが治るとはどういうこと?

がんが消えたかどうか、がんが治ったかどうかの判定はむずかしい がんが消えたかどうか、本当に体の中にがんがないかどうかの判定は実はとても難しいです。CTなどの画像検査では、5mmくらいの大きさのものなら …

がん治療の効果を高める3つの方法

ここではがん治療の効果を高める可能性のある3つの方法を説明します。いずれもまだ確立されたものではなく、ガイドラインなどで説明されているものではありません。しかし、基礎研究や動物研究で効果的であることが …

Dr. Hamaguchi(医師、医学博士)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • がんの炎症・代謝を考慮したがん治療やがんに関する情報についての発信をしています。

著者紹介はこちら↓

http://dr-hamaguchi.com/author-profile/