がんと食事・生活習慣 書籍 書籍一覧

和田屋のごはん

投稿日:2019年6月20日 更新日:

がん予防やがん治療のための体質改善を目的とした、具体的な食事のメニュー本です。この食事メニューは、アルカリ化作用のある食事でもあり、アルカラインダイエット(アルカリ化食)とも呼ばれています。

この食事メニューの特徴は、がんの代謝や炎症、免疫を考慮して作られていることで、考案者である京都大学名誉教授 和田洋巳先生のお名前をとって、和田屋のごはんと名付けられています。

具体的には、下記のポイントを押さえてメニューが考えられています。それぞれのポイントはがんの特性と深い関係があり、その理由についても説明されています。

1 炭水化物をとりすぎないこと
2 塩分を控えること
3 タンパク質を上手にとること
4 野菜・果物・きのこをしっかりとること
5 よい油を選んでとること
6 乳製品を控えること
7 肉類、加工肉、人工油などを控えること
番外 栄養補助食品(梅エキス、フィーバーフュー)について

https://www.amazon.co.jp/dp/4908066000?encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div







-がんと食事・生活習慣, 書籍, 書籍一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がん予防、抗がん作用が期待できる食品(栄養成分)

食品の中には、がん予防や抗がん作用が期待できるものがあります。食品には様々な栄養素が含まれており、がんリスクに対する作用を完璧に解明することは困難ですが、ある程度有効な成分がわかっているものもあります …

食事からの摂取カロリーの考え方(エネルギー必要量の計算)

・エネルギーの必要量はどのように計算できるか?・年齢ごとの推定必要エネルギー量・食事からのエネルギー源の内訳について 人間が生命を維持し、身体活動を行うためには、食事からエネルギーを摂取することが必要 …

アルカリ化療法(アルカリ化食 + 重曹)

がんは、正常細胞とは異なる環境、つまり、がん微小環境(Tumor microenvironment)を形成しています。がん微小環境の大きな特徴は、解糖系の亢進と主にNa+/H+ポンプによるがんの細胞内 …

がんが治るとはどういうこと?

がんが消えたかどうか、がんが治ったかどうかの判定はむずかしい がんが消えたかどうか、本当に体の中にがんがないかどうかの判定は実はとても難しいです。CTなどの画像検査では、5mmくらいの大きさのものなら …

食事のせいで、死なないために マイケル・グレガー他 著

栄養や食事と健康について、活発な情報発信を行なっているマイケル・グレガー先生の著書です。この本の素晴らしいところは、食事と病気の関係について根拠となる科学論文を多数引用し、著者の個人的な主張ではなく、 …

Dr. Hamaguchi(医師、医学博士)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • がんの炎症・代謝を考慮したがん治療やがんに関する情報についての発信をしています。

著者紹介はこちら↓

http://dr-hamaguchi.com/author-profile/