がんと食事・生活習慣 がんの特徴

がんになる原因は?

投稿日:

・がんができるまで
・がんは遺伝するか? がん家系とは?
・がんは生活習慣病である

がんができるまで

人間が生きてくためには、食事を摂取して体内でエネルギーを作り、体内に不要となった物質を排泄するという代謝が行われます。同時に、体の組織を維持するために、新しい細胞を作って古いものと入れ替える、ということも必要です。

新しい細胞をつくるときには、その細胞の設計図である遺伝子が必要です。しかし、その遺伝子が加齢によって古くなってしまったり、活性酸素などでダメージを受けてしまうと、新しい細胞を上手につくれなくなってしまいます(つまり、正しくコピーできなくなる)。

遺伝子が多少ダメージを受けた程度ならまだまだ修復も可能ですが、遺伝子のダメージが蓄積してもっと深刻になると、いよいよがん化する細胞がでてきます。しかし、それでも、こういった異常細胞・前がん細胞は、免疫細胞によって排除されます。免疫細胞から逃れた異常細胞・前がん細胞が、数年から20年ほどの時間をかけて成長したものが「がん」になります。

がんは遺伝するか? がん家系とは?

家族や親族にがんになった人が何人かいると、「うちはがん家系だから」と考えて心配されるかもしれません。では、がんは遺伝するのでしょうか?これに対する答えは、遺伝するがんもあるけれど、多くのがんは遺伝だけが原因ではないと言えます。

がんの原因を調べた研究はいくつかありますが、例えば、下記のグラフのような結果が示されています。


がんの原因のうち、遺伝が原因である割合はわずか5%程度です。有名なものとしては、APC遺伝子に異常のある家族性腺腫性ポリーポーシス(大腸にポリープが多発し、大腸がんを発症する)や、BRCA1/2遺伝子に異常のある乳癌や卵巣癌などがあります。

つまり、実際は遺伝には関係ないがんがほとんどであることがわかります。主要な原因としては、喫煙や食事・肥満がそれぞれ30%ずつの割合で、60%を占めています。ということは、家族や親族にがんになった人が何人かいて「がん家系」と心配していたとしても、実際は遺伝の問題ではなくて、ただ生活スタイルが似ていたためかもしれません。

がんは生活習慣病である

がんの原因を示した上のグラフからわかるように、喫煙や食事・肥満が原因の60%を占めており、「がんは生活習慣病」と言えます。逆に言えば、毎日の食生活に気をつければ、がんのリスクを減らせるということでもあります。

グラフで赤字で示された、がんの家族歴(遺伝)、環境汚染、放射線・紫外線、医薬品・医療行為、これら4つについては自分で予防することは難しいですが、幸いにしてがんの原因となる割合は少ないのです。

では、どのような食事・生活習慣ががんのリスクを減らすのか?このことについても十分研究されていますので、また別の項で記載したいと思います。

参考文献)
Harvard Center for Cancer Prevention: Harvard Report on Cancer Prevention, Volume 1: Causes of Human Cancer, Cancer Causes Control 1996 ;7:S3-S59.







-がんと食事・生活習慣, がんの特徴

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がん細胞がエネルギーを作るために糖代謝(好気性解糖)を行う理由

がん細胞は、エネルギーであるATPをつくるためにワールブルグエフェクト(Warburg effect)と呼ばれる糖代謝(好気性解糖)を行います。つまり、糖分(グルコース)を取り込んで、それを処理するこ …

がん細胞のpH調節に重要なキー:Na+/H+ exchanger-1 (NHE-1)

Na+/H+exchanger (NHE-1)とは何か? Na+/H+exchanger (NHE-1)とは、Na+(ナトリウムイオン)とH+(水素イオン)を交換する輸送体のことです。つまり、細胞内に …

和田屋のごはん

がん予防やがん治療のための体質改善を目的とした、具体的な食事のメニュー本です。この食事メニューは、アルカリ化作用のある食事でもあり、アルカラインダイエット(アルカリ化食)とも呼ばれています。この食事メ …

がんとpHの関係、がんとNHE-1の関係

・がんの特徴:がん細胞の内部はアルカリ性、がん細胞の外部は酸性となっている。・がんのpHの変化(細胞内アルカリ化)が、がんの発生、進行、薬剤への耐性の全てにかかわっている。・がんのpHに対する治療は? …

がん細胞のpHの特徴:がん細胞内のアルカリ化とがん細胞外の酸性化

全てのがんに共通した大切な2つの特徴がある 正常細胞とは異なるがん細胞の特徴の一つは、エネルギーを糖代謝(好気性解糖)から作ることです。 そして、もう一つの重要な特徴は、がん細胞の内部と外部のpHのバ …

Dr. Hamaguchi(医師、医学博士)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • がんの炎症・代謝を考慮したがん治療やがんに関する情報についての発信をしています。

著者紹介はこちら↓

http://dr-hamaguchi.com/author-profile/